クレジットカードのキャッシング審査

クレジットカードには本来の用途であるクレジットカードとしての使用、「ショッピング枠」と、キャッシングを利用することができる「キャッシング枠」という二つの機能が備わっています。キャッシングというからにはこちらも当然、他のカードローンなどと同様に審査があります。

カードローンやキャッシングカードなどは、申込・契約の際に審査が行われます。クレジットカードのキャッシングも同じで、クレジットカードを作ったときに、同時に審査が行われているんです。で

すから、今までクレジットとして普通に使っていて、キャッシングを初めて使うというときにあらためて審査が行われるということにはならないわけです。

では、クレジットカードのキャッシングの審査というのは厳しいのでしょうか?それとも通りやすいのでしょうか?

普通のキャッシングでも、審査には厳しいところもあれば、ゆるいところもあります。クレジットカードでもそれは同様で、中には「審査が緩いです!」と公言しているところもあったりするようです。

審査が甘めなところは、それなりに金利が他より高めな設定になっていたり支払い方法が選べないなどやはりデメリットは多少あるようですね。

一方、審査が厳しめなところは、クレジットカードでも名の知れたところが多いようですが、その分金利が比較的ですが低金利だったり支払いに余裕があるようなシステムになっていたりなど、それなりのメリットがあります。

クレジットカードでのキャッシングの注意点

クレジットカードでのキャッシングは申込等も既に済んでいる状態ですので気軽に利用できますし、銀行ATMなども利用できて大変便利なものなのですが、利用の際の注意点にはどのような点があげられるでしょうか。

まずあげられるのが、その便利さ、借りやすさという点ですね。それは良いところでは?と思うかもしれませんが、裏を返せば便利で借りやすいというところは、安易な借り入れを招いてしまう要因にもなります。

手軽にできることで、無計画に融資を受けてしまうことであとで返済が大変になってしまうという人は少なくありません。「小額の融資だし」と高をくくることがないよう、キャッシングの際には「お金を借りているんだ」という自覚をしっかりと持って借りることが大切です。

また、クレジットカードのキャッシング機能というのはあくまでもクレジットについている付随的なサービスという位置づけがあるようで、お金を融資する企業側からするとあまりとりいれたくないサービスになっているところがあるようです。

新たにキャッシングカードの審査を受けようとするときにこのキャッシング枠の利用について審査の過程で重視されるようになっていて、銀行でも消費者金融でもない金融業者からのキャッシングというのがネックのようです。

そのため、キャッシング枠を毎回のように限度枠いっぱいに使っているような状態だと、キャッシング会社の心象があまり良くない傾向があるようです。

お金を借りてしっかり返済をしていても心象が悪くなるというのはいささか変な話な気がしますが、こうしたことを知らないまま利用を続けてしまうと自身の気づかないところでなぜか審査に悪影響を及ぼしてしまいかねませんから注意が必要です。

クレジットカードでのキャッシングは、あくまで急な場合の「予備」的な感覚で利用するのがよさそうですね。