クレジットカードでのキャッシングのメリット

クレジットカードには商品が購入できるショッピング機能の他に、キャッシング機能が備わっています。普通にキャッシング会社からするキャッシングと比較して、クレジットカードでのキャッシングのメリットはどんな点でしょうか。

クレジットカードでのキャッシングは、他のキャッシングと比較してまず申込などの面倒がありません

どういうことかというと、もちろん、金融機関からの融資になりますので審査は行われますがクレジットカードを作る際にこれらは一緒に行われ、キャッシングを利用しようとする際にわざわざ申込、審査などを行わなくてもすでにクレジットカードを持っている時点でキャッシングできる状態にあるという点です。

お金をキャッシングしたいときに、やはりこの申込の手間であったり審査に通るか通らないかというところで多くの人が不安に思うと思いますが、クレジットカードの場合すでにその状態はクリアしていますので使いたいと思ったときにお財布の中に既に入っていて手軽に使える便利さが何よりのメリットですね。

また、ローンのように高額な借り入れではありませんので、「ちょっと必要」という日常的に良くあるケースにも対応してくれて、大げさな借金感覚がないのが利用しやすくていいところでもあります。

銀行ATMやコンビニATMなど身近なところで引き出しやすいシステムなのも、クレジットカードでのキャッシングの魅力の一つですね。

クレジットカードのキャッシングの利息

クレジットカードにはショッピングで商品を購入できる「ショッピング枠」の他に、キャッシングで利用できる「キャッシング枠」という機能があります。

クレジットカードをショッピング枠で利用する場合には、一括払いですと利用者は商品の購入代金だけで済みますが、クレジットカードについている機能としてのキャッシングの場合、普通のキャッシングと比較して金融機関からお金を借りるということには代わりありませんから、当然、利息がつきます。

では、普通のキャッシングを利用する場合と、クレジットカードのキャッシングを利用する場合とでは利息にどのような差がでるのでしょうか。

普通のキャッシングでも、金利設定は会社によってある程度差がありますよね。クレジットカードのキャッシングの金利は、キャッシング1回払いの場合、ほとんどのカードで18.0%?18.0%です。

この数値を見て、「金利高いというか、すでに上限金利では??」と思うかもしれませんが、クレジットカードのキャッシング枠の利用限度額というのはそもそもが最高100万円など比較的小額のキャッシングなのです。

普通のキャッシングの場合、例えば実質年率4.7%~18.0%という数値の場合、金利は限度額に応じて適用されますから、小額利用の場合ほとんどが上限金利を適用されるでしょう。

しかし利用を続けていくことなどにより、段階的に低い金利が適用されていくことはありますし、銀行カードローンなども考えると18.0%オンリーという金利は、まあ高いといわざるを得ないかもしれませんね。

キャッシング枠の利用は、クレジットカードという、もともと持っているもので手軽にキャッシングができるというメリットがありますから、金利をとるか手軽さを選ぶか、といったところなのでしょうか。