キャッシング申し込みを断られたら…

「キャッシングを申し込んだのに断られた。」実際に審査否決の連絡を貰うと、とっても落ち込んでしまいますよね。お金を準備する必要もあるのに、キャッシングできないということは大きな問題になります。

審査が否決になる理由としては、「お給料が少なかったからだろうか。」「持ち家じゃないし、独身だから信用されてない?」と自分で何らかの理由を知りたくなるものですが、審査過程やなぜその結果になったのかということは絶対に教えてはもらえません。

実際の審査においては、その収入面などの属性よりも重視されていることがキャッシングにはあります。キャッシングは担保や保証人を準備しなくても、申し込みができるものが多いのですが、この無担保ローンというものには自分のそれまでの借り入れと返済の履歴が大きく関わってくるのです。

どれほどお給料が高くても、以前に返済しなかったり頻繁に返済に遅れたり、といった記録が残っている人を信用するわけにはいきません。お金を貸す側にしてみれば、「また返済されないと困る。困るどころか営業できなくなってしまう。」というわけです。

審査が否決になった心当たりがすぐに思い浮かばないという人は、一度個人信用情報の記録を自分で照会してみるとよいでしょう。少なくとも5年は残される記録ですから、自分でも忘れていたような延滞記録が見つかるかも知れません。

個人信用情報にその記録が残っている限りは、何度申し込みをしてもまたキャッシングを断られた、という結果になってしまいます。

ブラックリストでもつかえるキャッシングってある?

ブラックリストでも借り入れOK、そんな宣伝文句を見たことがあるでしょう。審査が甘いことを予想され、誰でも申し込みさえすれば借り入れができるのだとイメージされます。

しかしよく思い出してみてください。その広告を見たのはどこでしょうか。スポーツ新聞の片隅、雑誌の裏表紙、電信柱の張り紙、自宅にポストに投函されたチラシ、そのようなものではないでしょうか考えてみると安心できるような宣伝方法ではありません。

ブラックでも借り入れができる所はあります。しかしそれは闇金融しかありません

当然、借り入れをしたその瞬間から地獄が待っています。ブラックというのはそもそもこれまでの債務に何れ家の問題があった場合を指しており、個人信用情報機関(個人の債務情報のすべてを網羅している民間機関)にも金融事故として記録されています。

銀行カードローンの審査をはじめ、消費者金融のキャッシングの審査、クレジットカードや大型の住宅ローンや多目的ローン、マイカーローン、さらには携帯電話の分割払い契約も金融事故というブラックの状態であれば審査に通ることはありません。

金融事故にはどのような項目があるのかをみてみましょう。

  • 3か月以上の返済の遅延
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 保証人や保証会社による代位弁済

これらが金融事故として扱われています。

ご覧になってもわかるように確実な返済がなされていない状況です。数日程度の返済の遅れであればうっかり忘れてしまったということも考えられるでしょう。

また1ヶ月の返済の遅れも口座引き落としができずに翌月の返済日に前月分も合算して支払ったということも考えられます。ところが返済も2か月を超してしまえば悪質です。

返済の遅れから2か月が経過すると保証人や保証会社がついている場合、代位弁済が開始されます。3かつも返済が遅れるとそれは悪質を通り越して放棄したことが考えられます。

返済の意思なしということです。返済の遅延は2か月以上から個人信用情報機関には金融事故として掲載されると覚えておきましょう。