キャッシングとクレジットの違い

キャッシングとクレジット。どちらもカードを作ることでお買い物ができたりお金を借りたりすることができます。しかもクレジットカードには、キャッシングの機能がついていたりとなんだかややこしいですよね。

キャッシングとクレジットの違いって、なんとなくはわかるのですがどういうものなんでしょうか?

クレジットはショッピング等の用途につかえる代金立替払いのことで、会員が加盟店でカードで商品を購入し、カード会社が会員に代わって支払いをしてくれる、そして後日会員に請求するという仕組みになっています。お金を直接貸すのではなく、商品代として払ってくれるのがクレジットです。

一方キャッシングはというと、銀行ATMなどで現金を借りることを意味しています。このように、キャッシングとクレジットは大きなくくりでいけば同じようなことなのですが、大きな違いがあるのです。

しかしクレジットカードには、この代金立替払い機能の「ショッピング枠」の他に、キャッシングができる「キャッシング枠」というものが設けられています。キャッシング枠では普通のキャッシング同様、限度枠内でキャッシングをすることができます。

クレジットカードにはこのキャッシング機能の他に、旅行傷害保険、ポイントサービスなど、さまざまな利用者にとってメリットのある充実したサービスが付随してきます。

一方、キャッシングはというと、クレジットカードが発行までに1週間等ある程度期間がかかるのに対して、急を要する場合にすぐに発行することができるというメリットがあります。

クレジットカードといえばアメックスという方に

クレジットカードを持つならやっぱりアメックス、という方は多いですよね。通常のグリーンのアメックスは、年会費が12,600円かかります。

以前のような、アメックスカードを持っていればステイタスということも減ってしまっていますが、それでも人気は高いカードのひとつです。

海外旅行傷害保険、オンライン・プロテクション、ショッピングプロテクション、リターン・プロテクションなど買い物も安心してできるようになっています。空港ラウンジ、エアポートミール、送迎サービスなどアメックスならではのストレスのない旅行のサポートがあります。

年会費がかからないアメックスということであれば、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードもあります。セゾンの永久不滅ポイントはそのままになっています。

2年目以降は年会費1,050円となっているのですが、年に1回以上カードを利用してショッピングすれば年会費は無料になります。

優待プログラムやサービスなど、利用できるものがアメックスカードと全く同じというわけではありませんので、申し込み前に確認しておきましょう。

他にもセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード、JALアメリカン・エキスプレス・カード プラチナなど数多くの種類があります。

ポイント還元率などもそれぞれ少しずつ違っていますので、年会費などともあわせて使いやすいアメックスカードを選びたいものですね。